ニュース


1. 計測モニタリングシステムを開発しました。
(1) 計測センシング
室内温度・空調ダクト内温度・空調水管温度・水槽温度
室内(相対)湿度・空調ダクト内(相対)湿度
外気温度・外気(相対)湿度
空調ダクト内全熱量
空調水管流量(超音波型)
空調水管差圧・空調水管圧力・室内静圧
ポンプ・ファン・空調機(ファン)等の消費電力(KW),無効電力(KVAR),
力率(PF),各相電圧(V),各相電流(A)
積算電力量(KW/h),量水器の積算水量,ガスメータの積算ガス量
(2) ネットワークシステム
RS-485 ネットワーク方式による1本のツイスト・シールドペアケーブルで
各計測センサーを順次接続して,インターフェイス表示ユニット
(ラップトップパソコンなど)に表示させる。
ネットワークシステム概要図
(3) インターフェース表示ユニット
ラップトップパソコン(ThinkPad 390X など)に各計測センサーの検出値を
計測表示する。
センサーが上・下限値をオーバーした時は,アラーム表示させることも
可能である。
このユニットのデータをプリンタに記録させることも可能である。
2. 中規模オフイスビルの省エネルギー改善効果実績レポート
(1) オフイスビルの概要
   建物用途: テナント事務室 ・ 店舗 、所在地: 東京都中央区銀座6丁目16-9
建築規模: 延べ床面積 7,370m2 、階高 8F/B2F 、構造 SRC
竣工: 1970年3月  、改修: 2000年6月(空調機器更新)
(2) 空調設備の特徴 
熱源設備   吸収式冷凍機 ・ 冷却水ポンプ ・ 1次冷水ポンプ ・ 2次冷温水ポンプ
空調設備   エアハンドリングユニット型外調機(全館一括用) ・ エアハンドリングユニット型空調機(各階用)
(3) 省エネルギー改善項目
    熱源設備   冷却水ポンプ(18.5kW)2台にインバータの導入
    空調設備   外調機の給気ファン(20kW)・排気ファン(15kW)にインバータの導入
(4) 省エネルギー改善効果(H17/7月〜H18/6月)
    冷却水ポンプ    電力節減量   14,945kWh 、外調機    電力節減量   200,309kWh
    合計電力節減量  215,254kWh  ・・・・・・ 省エネルギー率 79%
    合計節減金額    3,014千円/年    単純投資回収年   約2年